外壁塗装で住宅を丈夫に~多くのメリットありあり~

業者を比較する

現場責任者

一戸建て住宅に住んでいる場合、だいたい10年に1度は外壁塗装をする必要があると言われています。外壁や塗料の種類などによって塗装時期に差が生じてきますが、それ以上長い期間にわたって放置しておくと、外壁の塗装が禿げて、雨水等が建物の内部に浸透してしまうようになります。そうなってしまうと躯体が大きなダメージを受けてしまいますので、家の寿命が短くなってしまいます。ですので、家を長持ちさせたいのであれば、概ね10年に1度のペースで外壁塗装する必要があると考えておくべきです。とはいえ、ほとんどの人が業者選びに頭を悩ませることになります。10年に1度しか利用しない業者ですから、業者の心当たりが全くないという人が少なくありません。でも、最近増えてきたインターネット上の一括見積もりサイトを利用すると、簡単に複数の業者の比較をすることができます。サイトの利用料金などは一切かかりませんので、今後は一括見積もりサイトの利用者が増えるだろうと考えられています。

インターネット上にある一括見積もりサイトはとても便利なサービスを提供してくれますが、そこで提示されるのはあくまでも概算の見積もり額です。正確な見積もり額を知るためには、実際に現場を見てもらう必要があります。ですので、一括見積もりサイトは、良さそうな業者の当たりをつけるために利用するものだと考えるようにした方がよいです。そこで選び出した2〜3社の外壁塗装業者を実際に自宅へ呼んで、現地見積もりを出してもらった上で、契約を結ぶ外壁塗装業者を決めるようにするのが望ましいです。その際に注意する必要があるのが、見積書の内容です。ごく大雑把な内容の見積書しか提示してくれない業者を選んでしまうと、後から追加料金を請求されてしまうおそれがあります。ですから、なるべく詳細な見積書を出してくれる業者を選ぶようにするのが良いです。また、作業内容の説明を丁寧にしてくれる業者にした方が、後日のトラブル発生を回避できるようになります。